2021年03月の記事一覧


月別アーカイブ:2021年03月

2021年03月の記事一覧。何かとストレスの多い現代社会を快適に生きるために日常生活で役立つ心と体に優しい健康と美容に関する情報をお送りします。

エクセサイズ
     ■ なぜダイエットは難しいのか!?  世の中には沢山のダイエット方法がありますが、毎年新しい手法が次々と登場しています。それだけダイエットの需用があるということなんでしょうが、それ以上に長く続けられないといった問題があると思います。  ダイエットを妨げる原因の一番は「挫折」です。特にある程度高い運動能力が必要となる難しいエクセサイズは長続きしません。途中で挫折してしまうので、こうしたエクセ...

記事を読む

その他
      ■ 季節の変わり目の水分不足に要注意!?  季節の変わり目に体調不良が起こりやすい理由の一つとして、水を飲む量が減ってしまうことがあげられます。甘味料がたっぷり入ったジュースやコーヒー、お茶など色のついた飲み物を多くのむため、水を飲む量が減ってしまいます。  しかし、血液の流れが悪化したり、徐々に体の働きに悪い影響を及ぼします。そうするとストレスをもろに受けてしまうので、突然立ち眩みのよ...

記事を読む

健康
   ■ 痛風とは!  痛風は尿酸が体内にたまり、それが結晶化して激しい痛み(関節炎)を伴う症状になる病気でです。尿酸の原材料となるのがプリン体(ビール、あん肝、レバーなどに多く含まれる成分)で、プリンタ体が多く含まれる食材や飲み物を過剰に摂取すると発症するとされています。  痛風を放置してしまうと歩行が困難なほど激しい関節痛を繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓や肝臓の働きが悪化して腎...

記事を読む

健康
    ■ 日本のスーパーフード「漬物」でストレス社会を生き抜く!  ストレス社会といわれて久しいですが、同じような境遇にありながら、ストレスを溜め込んでしまう人がいる一方で、逆にストレスに強い人がいます。  この二人の差は一体どこからくるのでしょうか。ストレスに強い人は、できるだけストレスを溜めないようにと、普段から少しずつストレスを解消することを心がけていますし、解消する方法もいくつか持っている...

記事を読む

エクセサイズ
    ■ 1日たった15分歩くだけで凄い効果を実現!  65歳以上の高齢者にとって歩くことが非常に重要でして、定期的にウォーキングをすることで様々な健康効果をもたらします。過去12年間に渡る調査の過程で、1日15分のウォーキングを習慣化することで死亡率が22%低下したことが明らかになりました。  また、実際に歩いている期間が長ければ長いほど死亡率は下がることが明らかになっています。また、年齢は運動...

記事を読む

ダイエット
    ■ ヨーグルトを食べるタイミングは夜がベスト!  ヨーグルトは腸内環境を整える「整腸作用」が非常に優れています。ですので、ヨーグルトを習慣的に食べることによって、腸の働きが劇的に改善されるので、その結果として血行が良くなったり、基礎代謝がアップリしたり、免疫力がアップします。  また、ヨーグルトは食べるタイミングによって、よりこうした美容と健康効果を高めることができます。一日のうち最もよいの...

記事を読む

食による美容と健康
   ■ バナナの皮には優れた効能・効果がいっぱい!  意外に思われるかもしれませんが、バナナの皮には身以上に優れた効能・効果があるとされています。しかも、日常生活のいたる場面で役立てることができるので、捨ててしまうのは本当にもったいないんです。  しかもその効果がどれも凄いんです。バナナを美味しく食べたあとに残った皮をこれからご紹介させて頂く『TABI LABO』さんの記事にて解説されている方法を目的に合...

記事を読む

その他
    ■ 大根は医師たちがナンバーワンと認める栄養満点野菜!  お医者さんは、病気になることが許されません。病気のお医者さんに診てもらいたいと思う患者さんはいませんし、体調が悪いと適切な診断ができません。ですので、常に体調管理に気を配っています。  当然食事にも気を使っています。医師の先生によっては食材や調理法にも強いこだわりがあります。本屋には有名な医師の先生の食に関する本が所狭しと並んでますよ...

記事を読む

エクセサイズ
   ■ 今回のテーマは「逆腹筋」 今回は、以前TBS系の情報番組「林先生の初耳学」で紹介された「逆腹筋」のやり方とその効果についてまとめさせていただきました。  番組ではぽっちゃり体型の人6人を腹筋グループと逆腹筋グループに分け、それぞれ1日10回3セットを2週間継続したところ、圧倒的に逆腹筋を行ったグループの方が良い効果が得られたんです。  ちなみに普通の腹筋を続けたグループはウエストが平均マイナ...

記事を読む

食による美容と健康
   ■ レーズンとは!?  あなたは最近レーズン(raisin)を食べられましたか?。私は子どもの頃からレーズンが大好きでして、給食で数ヶ月に1回出されるレーズンパンが大好きでした。  しかし、レーズンはその食感と独特の甘みがあるため、受け付けない人も少なくありません。当時給食でレーズンパンを残す子どもが沢山いました。おかげで毎回レーズンパンを袋いっぱいに持って帰ることができました。  ちなみにレーズン...

記事を読む

お腹まわりを引き締める効果が凄い!骨盤が矯正されて血流と腸の働きを改善!肩こり、腰痛、便秘、むくみの予防にも!

 
 
1120171201ht.png
 
 
 
■ なぜダイエットは難しいのか!?
 
 
世の中には沢山のダイエット方法がありますが、毎年新しい手法が次々と登場しています。それだけダイエットの需用があるということなんでしょうが、それ以上に長く続けられないといった問題があると思います。
 
 
ダイエットを妨げる原因の一番は「挫折」です。特にある程度高い運動能力が必要となる難しいエクセサイズは長続きしません。途中で挫折してしまうので、こうしたエクセサイズを長続きさせるポイントの一つとして、「ながら」があげられます。
 
 
ながらとは何々しながら何かを行なうという意味の「ながら」です。例えばテレビを見ながら出来るようなものであれば、習慣化することができれば確実に継続できます。
 
 
 
 
9534201611109.png
 
 
 
『 寝ながらできるエクセサイズ 』
 
 
ということで、今日は寝たままできる、寝る前や朝起きた時に習慣化できる、ポッコリお腹解消簡単エクササイズを解説した美LABさんの記事と5分間横になるだけで出来るダイエット方法を解説した動画を合わせてご紹介させていただきます。
 
 
両方共寝ながらできるエクセサイズなので、無理なくできます。また、腸の働きも良くなるので、便秘の症状も改善してくれる大変すぐれたダイエット方法です。

» 記事の続きを読む


水の健康効果が凄い!血流を改善して肥満、胃酸過多、肉体疲労、便秘、高血圧、老化、むくみの予防に利く!

 
 
952017913ht.png
 
 
 
 
■ 季節の変わり目の水分不足に要注意!?
 
 
季節の変わり目に体調不良が起こりやすい理由の一つとして、水を飲む量が減ってしまうことがあげられます。甘味料がたっぷり入ったジュースやコーヒー、お茶など色のついた飲み物を多くのむため、水を飲む量が減ってしまいます。
 
 
しかし、血液の流れが悪化したり、徐々に体の働きに悪い影響を及ぼします。そうするとストレスをもろに受けてしまうので、突然立ち眩みのようなめまいに襲われたり、過呼吸とまではいかなくても、それに近い状態となって息苦しい状態が続きます。
 
 
ですので、梅雨入り前だからこそ水は1.5リットル程度毎日しっかり飲むべきなのですが、コーヒーやお茶を飲むと難しいですよね。そこでおすすめしたいのが「水ダイエット」です。(※水を飲みすぎると体調不良を引き起こす人は控えてください)
 
 
 
 
 
11520161215l.png
 
 
 
■ 水ダイエットとは?
 
 
水を飲むことで得られる主な効能・効果として、基礎代謝UP、疲労回復、胃酸過多改善、便秘改善、高血圧予防、老化予防、美肌効果、デトックス効果、むくみ解消などがあげられます。水を飲むことで味覚が改善され、満腹感が得られやすくなるので、優れたダイエット効果が期待できます。
 
 
水ダイエットは文字通り水を毎日2リットル程度(人によっては体調を悪くされるケースもあるので、ご注意ください)飲むことによって太りにくい体質へと改善するのが主な目的となりますので、いやでも水をしっかり飲むようになります。しばらく続けることによって習慣化すればしめたものです。
 
 
ということで、水ダイエットの優れた健康効果について解説しているDoctors Meさん(原文:NICOLY(ニコリー)さん)の記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。冬でも水を飲むことの大切さをご理解いただければ幸いです

» 記事の続きを読む


痛風の原因はビールではなかった!見逃してはならない痛風のサインとは?若者や女性の痛風患者が増えている理由とは?


1820180910hm.png
 
 
 
■ 痛風とは!
 
 
痛風は尿酸が体内にたまり、それが結晶化して激しい痛み(関節炎)を伴う症状になる病気でです。尿酸の原材料となるのがプリン体(ビール、あん肝、レバーなどに多く含まれる成分)で、プリンタ体が多く含まれる食材や飲み物を過剰に摂取すると発症するとされています。
 
 
痛風を放置してしまうと歩行が困難なほど激しい関節痛を繰り返したり、体のあちこちに結節が出来たり、腎臓や肝臓の働きが悪化して腎不全や肝機能障害など合併症の可能性があるので、できるだけ早い段階で治療する必要があります。
 
 
今現在、血液中の尿酸値(血清尿酸値)は7.0mg/dL以下なら正常とされていて、これを超えると高尿酸血症となり、恐ろしいことに今現在、成人男性の5人に1人は痛風予備軍といわれるほど増えているので、決して他人事ではありません。

» 記事の続きを読む


漬物の健康効果が凄い!優れた整腸作用で胃と腸の働きを改善!慢性疲労、がん、動脈硬化、胃や腸の病気の予防に!

 
141.png
 
 
 
■ 日本のスーパーフード「漬物」でストレス社会を生き抜く!
 
 
ストレス社会といわれて久しいですが、同じような境遇にありながら、ストレスを溜め込んでしまう人がいる一方で、逆にストレスに強い人がいます。
 
 
この二人の差は一体どこからくるのでしょうか。ストレスに強い人は、できるだけストレスを溜めないようにと、普段から少しずつストレスを解消することを心がけていますし、解消する方法もいくつか持っているので、いつも心が安定しています。
 
 
ですので、自分にあったストレス解消法を持つことが非常に重要になります。それだけで日々の生活がかなり楽になります。そこでオススメしたいのが、日本のスーパーフード「漬物」を適量に食べることです。
 
 
 
 
 
16720180310ht.png
 
 
 
■ 漬物美容と健康効果がすごい!
 
 
漬けこむ野菜や漬け方によって、以下の通り優れた健康効果が期待できます。
 
 
【がん予防】
 
干したくあん、ごぼう漬、ショウガ漬、にんにく漬け、味噌漬、なす漬、広島菜漬、ゴボウ漬、ワインラッキョウ、山ごぼう漬
 
 
【糖尿病予防】
 
干したくあん、キムチ、山ごぼう漬、ごぼう漬
 
 
【動脈硬化予防】
 
にんにく漬、キムチ、わかめ漬
 
 
【疲労回復】
 
にんにく漬、梅干し、梅肉エキス
 
 
【骨粗鬆症予防】
 
野沢菜漬、広島菜漬、高菜漬、カリカリ梅、わかめ漬
 
 
【胃潰瘍予防】
 
キムチ、キャベツ漬、サワークラウト
 
 
【高血圧予防】
 
わかめ漬、キムチ、ぬかみそ漬、ワサビ漬
 
 
 
 
 
16820180310ht.png
 
 
 
『 日本は漬物の種類がとにかく豊富! 』
 
 
世界を見回してみると韓国はキムチ、中国はザーサイ、ドイツはサワークラフト、欧米はピクルスといった具合に漬物の種類はそれほど多くありませんが、幸い日本は漬物の種類が非常に豊富です。
 
 
ちなみにここでいう漬物とは食、材を食塩、酢、酒粕などの漬け込み材料とともに漬け込み、保存性を高めながら熟成させ、風味を良くした食品のことです。殘念ながら食の欧米化が急激に広がったことで若い人たちの間で漬物離れが進んでいます。
 
 
ということで、今回は漬物が持つ優れた健康効果(ストレス解消など)について分かりやすく解説したgoo girlsさんの記事と最強のストレス解消法について解説した樺沢紫苑先生の動画を合わせてご紹介させていただきます。

» 記事の続きを読む


1日15分!ウォーキングの健康効果が凄い!死亡リスクが32%減少!肩こり、腰痛、関節痛、認知症の予防に利く!

 
39460170301ht.png
 
 
 
■ 1日たった15分歩くだけで凄い効果を実現!
 
 
65歳以上の高齢者にとって歩くことが非常に重要でして、定期的にウォーキングをすることで様々な健康効果をもたらします。過去12年間に渡る調査の過程で、1日15分のウォーキングを習慣化することで死亡率が22%低下したことが明らかになりました。
 
 
また、実際に歩いている期間が長ければ長いほど死亡率は下がることが明らかになっています。また、年齢は運動を行なわない言い訳ではありません。適度な運動を習慣化することは、いかなる医学的処置よりも健康に良い影響を与えることは十分に立証されています。
 
 
毎週(1週間トータルで)、適度な運動(ウォーキングや軽めのジョギングなど)を150分、また、かなりハード(ダンベルを使ったトレーニングなど)な運動を75分行うことを推奨しているのですが、65歳以上の高齢者の半分以下しか、この推奨条件をクリアしていません。

» 記事の続きを読む


夜ヨーグルトは最高のダイエット法!優れた整腸作用で血行を改善すると脂肪が減る!便秘、肥満、肌トラブルの予防にも!

 
42940169265.png
 
 
 
■ ヨーグルトを食べるタイミングは夜がベスト!
 
 
ヨーグルトは腸内環境を整える「整腸作用」が非常に優れています。ですので、ヨーグルトを習慣的に食べることによって、腸の働きが劇的に改善されるので、その結果として血行が良くなったり、基礎代謝がアップリしたり、免疫力がアップします。
 
 
また、ヨーグルトは食べるタイミングによって、よりこうした美容と健康効果を高めることができます。一日のうち最もよいのが夜です。夜にヨーグルトを食べることによってヨーグルトの優れた美容と健康効果を発揮してくれます。
 
 
なぜこれほどまでにヨーグルトは美容と健康にいいのでしょうか?。その答えは「乳酸菌」にあります。ヨーグルトは乳製品でありながら最強の発酵食品の一つです。
 
 
 
 
4904420161220l.png
 
 
 
『 夜ヨーグルトは最強の健康法! 』
 
 
私は毎晩ヨーグルト約100gに対して市販の納豆1パック(300回かき混ぜます)をハチミツと一緒に混ぜたものを食べています。もうかなり長い間食べていますが、全くあきません。「納豆ヨーグルト」は、かなり飽きっぽい私が長期間にわたって続けている健康法の一つです。

 
ということで今回はヨーグルトの優れた美容と健康効果についてと夜ヨーグルトの食べ方までをまとめさせていただきました。是非一番下にある動画とあわせて御覧ください。

» 記事の続きを読む


バナナの皮は今日から絶対に捨てないで下さい!日常生活に役立つ「バナナの皮の10の効果」が凄すぎる!コスパも最強!

 
720181001hm.png

 
 
■ バナナの皮には優れた効能・効果がいっぱい!
 
 
意外に思われるかもしれませんが、バナナの皮には身以上に優れた効能・効果があるとされています。しかも、日常生活のいたる場面で役立てることができるので、捨ててしまうのは本当にもったいないんです。
 
 
しかもその効果がどれも凄いんです。バナナを美味しく食べたあとに残った皮をこれからご紹介させて頂く『TABI LABO』さんの記事にて解説されている方法を目的に合わせて使い切れば、かなりの節約になりますよ。
 
 
来年からさらに世界経済が大幅に縮小される方向へ動くようなので、混乱することが多いかと思います。なのでこれからさらに節約を余儀なくされることになるかもしれません。バナナの皮を使って楽しみながら乗り切りましょう!!

» 記事の続きを読む


 タグ

大根の健康効果の凄さの秘密は皮にあり!優れた抗酸化作用で血流を改善して血栓症、動脈硬化、脳卒中、ガンの予防に!

 
504090171221ht.png
 
 
 
■ 大根は医師たちがナンバーワンと認める栄養満点野菜!
 
 
お医者さんは、病気になることが許されません。病気のお医者さんに診てもらいたいと思う患者さんはいませんし、体調が悪いと適切な診断ができません。ですので、常に体調管理に気を配っています。
 
 
当然食事にも気を使っています。医師の先生によっては食材や調理法にも強いこだわりがあります。本屋には有名な医師の先生の食に関する本が所狭しと並んでますよね。
 
 
ですので、お医者さんが薦める食材なら健康に関心のある人たちの興味を引くだろうという思惑からか、「お医者さんが選んだNO1健康食材」といった特集がテレビや雑誌で組まれたりしますが、メディアによって異なるので、これまであまり信じていませんでした。
 
 
しかし、お医者さんが選んだNO1健康食材が大根となると話は別です。というのも私はべったら漬をほぼ毎朝食べてますし、ソースの代わりにポン酢と大根おろしを良く使っていますので、わが家では大根の年間消費量はかなり多いです。
 
 
 
 
506090171221ht.png
 
 
『 大根の皮は体に良い栄養素の宝庫! 』
 
 
ですので、大根の健康効果の高さは実感しています。おかげさまで、病院には20年以上お世話になっていません。
 
 
ということで今回は医師の間でNO1野菜に選ばれた「大根」の持つ優れた健康効果について分かりやすく解説しているJ-CASTニュースさんの記事と動画を合わせてご紹介させていただきます。
 
 
いや~、正直大根がこれほどまでガンを予防する効果が高いとは思いませんでした。また、大根の皮に美容と健康に良い効果をもたらしてくれる栄養成分が豊富に含まれている事実にも驚きです。
 
 
切り干し大根は自宅で簡単に作れて、しかもお味噌汁などの具材としても相性がいいので、これから大根の皮も重宝しそうです。

» 記事の続きを読む


 カテゴリ
 タグ

逆腹筋の筋トレ効果がすごい!インナーマッスルを効率よく鍛えてウエスト-7.5cm!腰痛、便秘などの予防にも!


120200912gh.png
 
 
 

■ 今回のテーマは「逆腹筋」


 
今回は、以前TBS系の情報番組「林先生の初耳学」で紹介された「逆腹筋」のやり方とその効果についてまとめさせていただきました。
 
 
番組ではぽっちゃり体型の人6人を腹筋グループと逆腹筋グループに分け、それぞれ1日10回3セットを2週間継続したところ、圧倒的に逆腹筋を行ったグループの方が良い効果が得られたんです。
 
 
ちなみに普通の腹筋を続けたグループはウエストが平均マイナス2.6cmだったのに対し、逆腹筋を2週間続けたグループはウエストが平均マイナス5.6㎝でした。
 
 
中には、2週間の逆腹筋でマイナス7.5cmを記録した人もいて、ラクにお腹周りを引き締めることができると、大きな話題となりました。

» 記事の続きを読む


レーズンの意外な効能・効果がすごい!豊富な食物繊維が腸内環境を改善して高血圧、脳卒中、がん、糖尿病、便秘を予防!


780190601hm.png
 
 
 
■ レーズンとは!?
 
 
あなたは最近レーズン(raisin)を食べられましたか?。私は子どもの頃からレーズンが大好きでして、給食で数ヶ月に1回出されるレーズンパンが大好きでした。
 
 
しかし、レーズンはその食感と独特の甘みがあるため、受け付けない人も少なくありません。当時給食でレーズンパンを残す子どもが沢山いました。おかげで毎回レーズンパンを袋いっぱいに持って帰ることができました。
 
 
ちなみにレーズンは、天日干し、または熱風などの人工的手法で乾燥させたブドウの果実でして、昔は干し葡萄(私の両親世代まで)とも呼ばれていました。
 
 
 
 
 
810190601hm.png
 
 
 
■ レーズンはどこで生まれたの!?
 
 
レーズンはドライフルーツの一種で、そのまま食べても美味しいですが、パンやお菓子だけでなく様々な料理に用いられる優れた万能食材です。
 
 
ちなみにレーズン誕生の逸話についてですが、なんでもその昔、木になったまま自然に乾燥していたぶどうを誰かが見つけたことから、レーズンの歴史が始まったとされています。
 
 
史実としては紀元前13世紀頃にはレーズンはすでにあったようで、地中海東岸から西アジアにかけて住むフェニキア人やアルメニア人がぶどうを栽培してレーズンを製造していたという記録が残っています。

» 記事の続きを読む


Copyright © みんなの健康手帳 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます