9420170720ht.png
 
 
 
 
■(1)空腹
 
 
「サーチュイン遺伝子」という長寿遺伝子は空腹感によって活性化するとイギリスの総合学術雑誌「ネイチャー」に論文が発表され大きな話題となりました。
 
 
最近は少食がブームになりつつあって、芸能人の間でもビートたけしさんやタモリさん、福山雅治さんといった著名の方々が一日一食という生活を実践しています。



 
 
■(2)朝の営み
 
 
夜の営みを朝するだけなんですが、朝の営みはオキシトシンという化学物質が分泌され、二人の関係を1日中良好でいられるようにしてくれる心地よさを与えてくれます。
 
 
そして、男性は寝ている間に男性ホルモンがしっかり補充されるので、朝のほうが男性をソノ気にさせるのも簡単なのだそうです。


心と体のバランスに調和をもたらします。
 
 
 
 
 
■(3)日焼け
 
 
最近は紫外線を気にする余り、日中ほとんど日光を浴びない人が増えていますが、これによりビタミンDが不足することから、ビタミンD欠乏症を発症する人が急増してます。
 
 
とくに親のそうした間違った認識により小さな子供の間で急速に増えています。
 
 
 
 
 
■(4)貧乏揺すり
 
 
子どものころ両親や学校の先生に貧乏ゆすりをして良く怒られましたが、脚を振ることで血流が良くなるので、エコノミー症候群を予防することができるんです。
 
 
最近は若い人だけでなく、PCやスマホとにらめっこしながら同じ姿勢で座り続けることが多いので、なおさらのこと貧乏揺すりが注目をあつめることになりそうです。
 
 
 
 
 
■(5)ビール
 
 
ビールを飲むと女性の歯や骨が美しくなるといった、にわかには信じられないような研究結果がスペインで発表され、事実ビールを日常的に飲んでいる女性の方が骨密度が高いそうです。
 
 
 
 
 
■(6)ポップコーン
 
 
ポップコーンはポテトチップスと同じような扱いを受けがちですが、抗酸化剤、食物繊維、ポリフェノールが含まれているので実は野菜や果物より栄養価に優れた食べ物です。
 
 
 
 
 
4514201610129.png
 
 
 
■(7)忘れる
 
 
あまりにも記憶力に優れていた男性が、自分のそうした優れた能力に振り回されたことで研究が進み、精神の安定には忘却が大切であることが実証されています。
 
 
例えば仕事で失敗して上司に大目玉を食らったとします。


大抵2~3日もすれば嫌な記憶から解放されますが、1年たっても記憶が薄れずに嫌な気分が続いたら、間違いなくうつ病になってしまうでしょうね。
 
 
 
 
 
■(8)大きなお尻
 
 
大きなお尻というと肥満の象徴みたいに思われるかもしれませんが、実はお尻に皮下脂肪が蓄積されるのでインシュリンに対する反応がそうでない人よりも良いのだそうです。
 
 
事実お尻の大きな人は糖尿病になりにくいといった、信じられない研究報告があります。
 
 
 
 
 
■(9)チョコレート
 
 
チョコレート=太るといった認識が強いので生活習慣病を助長してしまうのではないかと思われるかもしれませんが、チョコレートには優れた栄養素が含まれています。
 
 
カカオに含まれているポリフェノールは動脈硬化を防いでくれますし、抗ストレス効果があるので、アレルギーやリウマチにも効果があると言われています。
 
 
 
 
 
■(10)コーヒー
 
 
1日4杯以上コーヒーを飲む人は57%も痛風になりにくいことが実証されています。


また、コーヒーが苦手な人は緑茶を1日4~5杯飲めば同じような効果得られるといわれています。
 
 
 
 
 
【動画】 WONDER EYES
 
「ファスティング~
1日3食キチンと食べてはいけない」

 

 
 
 

体に悪そうにみえて本当は健康にいいこと10選のまとめ


 
 
今回は「、体に悪そうにみえて本当は健康にいいこと10選」についてまとめさせていただきました。
 
 
無知というか思い込みって本当に恐ろしいですよね。
 
 
今回ご紹介させていただいた以外にも私は長い間「空腹」は、体に良くないと思っていました。


ところが空腹でいることで、胃や腸は休むことができるだけでなく、胃の中に入った食べ物を消化する「消化酵素」が増えるので消化が良くなります。


消化が良くなると太りにくくなるだけでなく、様々な病気の予防にもつながるので、最近では断食を取り入れている人が増えていますよね。


私もプチ断食を取り入れています。最初はイライラしたりしましたが、慣れてくると逆に気分良く過ごせるようになり、お通じも劇的に良くなりました。


上にあるファスティングの効果について解説している動画を是非御覧になってみてください。
 
 
 カテゴリ