20020171024ht.png
 
 
 
■ ルイボスティーとは?!
 
 
ルイボスティーをご存知でしょうか?。


数年前から日本でもルイボスティーの美容と健康に関する高い効能・効果が話題となって口コミを中心に人気が高まっています。
 
 
ルイボスティーは、ルイボスは、マメ科のアスパラトゥス属の一種でして、見た目は大きな盆栽のような感じの植物の葉っぱで、落ち葉の時期になると葉が赤茶色に変色します。
 
 
7604201611107.png
 
 
 
『 ルイボスティーは健康効果がすごい!』
 
 
生産地は南アフリカ共和国の西ケープ州ケープタウンにある「セダルバーグ山脈」で栽培されています。


同国の主要産業の一つといってもいいほど重要度が高いです。
 
 
このルイボスの葉っぱを乾燥させてお茶にしたものがルイボスティーです。


ルイボスティーは、おいしく飲めて、しかも健康と美容にいいということで世界中で飲まれています。


また、美容に関する効果が高いということで女性の方が愛飲者が多いようです。



 
 
■ ルイボスティーはカフェインが含まれていない!
 
 
ルイボスティーは、コーヒーや緑茶、紅茶などと異なりカフェインが含まれていません。


基本的にカフェインはアルコールと同様に肝臓などの内臓器官に負担がかかります。
 
 
またカフェインには「興奮剤」としての効能もありますので、飲み過ぎると強い不安感やパニック発作などを引き起こす可能性があります。


しかも中毒性が高いので飲みすぎるのは非常に危険です。
 
 
 
 
『 カフェインが含まれていないメリットとは!? 』
 
 
健康上の理由でタバコを辞めなければならない人がどんなに苦しい思いをしてもタバコを辞めることができない要因としてコーヒーの多飲があげられます。
 
 
コーヒーとタバコがセットになっているので、コーヒーを飲めばパブロフの犬のごとくタバコに火をつけてしまうといった行動が体に染み付いているため辞められないんですね。
 
 
しかし、ルイボスティーにはカフェインが含まれていません。


それどころかお茶特有の副作用的なものが一切ありませんので、赤ちゃんでも安心して飲むことができます。
 
 
 
 
 
■ ルイボスティーはなぜ美容と健康に良いのか?!
 
 
なぜルイボスティーは美容と健康に良いとされているのかというと、まず、ミネラルが豊富に含まれていることが挙げられます。


ミネラルは飲食でしか吸収できません。
 
 
また、ミネラルは人間の体の中で合成することが出来ないので、食事や飲み物から摂取しなくてはなりません。


しかし、食生活が偏ってしまうと十分に摂取できません。
 
 
 
 
『ルイボスティーはミネラルをバランスよく摂取できる!』!
 
 
現代人の多くが食の欧米化によって、身体に必要なミネラルをバランスよく摂取することが難しくなっています。


ですので、ルイボスティーは理想的な飲み物なんです。
 
 
緑茶はまだしも、コーヒーや紅茶は中毒性が高いので飲めば飲むほど内臓器官にダメージを与えてしまいます。


しかし、ルイボスティーはこうした副作用が一切ないので何杯飲んでも大丈夫です。
 
 
 
 
 
■ ルイボスティーの凄すぎる美容と健康効果!
 
 
【動画】 Royal T - ルイボスティー
 
「 ロイヤル ルイボスティー 」
 

 
 
 
ルイボスティーは腸の環境の正常化する作用が非常に優れているので、腸の働きが劇的に改善れます。


最近の健康法は腸の働きを活発化することを訴えるものが多いですよね。
 
 
というのも腸の働きが活発化することによって、悪玉菌が排出され善玉菌が残り、腸内環境が正常化します。


そうなると必然的にお通じがよくなります。
 
 
人間の身体は生まれた時は善玉菌だけなんですが、加齢が進むと共に悪玉菌が増えやすくなっていくので、30代も後半に入ると重篤な病気に通じる様々な症状を引き起こします。
 
 
 
 
7594201611107.png
 
 
 
『 ルイボスティーは飲むだけでOK!! 』
 
 
病気にならないためにも普段から健康管理を徹底すればいいのですが、間違った方法を実践してかえって体調を悪化させてしまうケースが少なくありません。


ですので毎日適量を飲むだけでいいルイボスティーがおすすめなんです。
 
 
ルイボスティーを飲むことで腸の環境が改善されると自分でもどんどん健康になっていくのが分るでしょう。
 

例えばお通じ良くなる、血液やリンパの流れも良くなる、体内の老廃物の処理がスムーズになる、といった具合に健康が促進されるので、ルイボスティーはオススメです。
 
 
 
【画像】 Pinterest
 
【画像】 wikiHow