sleeping.jpg
 
 
 
 

■ 左向きに寝るメリットとは?!


 
あなたはいつも寝るときにどちら向きに寝ていますか?
 
 
私は以前まではまっすぐ仰向けにねることが体にいいと頑なに信じていたので半強制的に仰向けで寝てました。
 
 
枕なしでねると寝返りが打てないので同じ姿勢で寝ることが出来るのですが、これはこれで大きなメリットがありました。
 
 
それは首のたるみと肩の痛みを解消できたことです。
 
 
枕があると寝ている間に何度も寝返りをうってしまい寝ている間に肩の痛みが悪化してしまい、何度も肩の痛みで目が覚めてしまった経験があります。
 
 
しかし、左向きに寝たほうが体にいい(特に妊娠中の女性)ことを知り、できるだけ左向きに寝るように心がけているのですが、欧米のメディアで紹介されている左向きに寝るメリットは以下の通りです。
 
 

【左向きに寝るメリット】
 
(1)リンパの流れが良くなる
(2)背中や腰の痛みを軽減(脚に枕を挟んで寝るとさらに効果的)
(3)胸やけ予防
(4)腸内の老廃物を排出して善玉菌を増やす
(5)妊娠中の女性に最適な睡眠方法
 
出典:SLEEPOPOLiS
 

 
 
 
 

■ 左向きで寝るとリンパの流れが良くなる!


 
下図にありますとおり枕を脚に挟んで寝るとより効果的です。
 
 
不思議なもので左向きで寝ることを意識するだけで、その姿勢が保てます。
 
 
勿論寝ている間に何度も寝返りを打っていると思いますが、朝起きると左向きの状態のまま目が覚めます。
 
 
左向きに寝る最大のメリットはリンパの流れが良くなることです。
 
 
左向きに寝ることによって必然的にリンパの流れが良くなるので、体の「老廃物」の処理がスムーズに行われるようになるため、その結果として美容と健康を促進します。
 
 
私の体の痛みがより改善されたのもリンパの流れが良くなったからだと思っています。



 
 

■ リンパとは!?


 
lymph.jpg
 
 
リンパの流れが良くなると脂肪が燃えやすい体質になります。
 
 
良く寝てる間に痩せるといった内容の記事を目にしますが、これは決して嘘ではないんです。(少しオーバーですが)
 
 
人間の体は寝ている間も脂肪を燃焼し続けているのですが、リンパの流れが悪化すると、この働きも悪化してしまうので、太りやすくなってしまうわけです。
 
 
ちなみに、リンパとは、血管と同じように全身を流れる「リンパ管」と、その中を流れる「リンパ液」のことをいいます。
 
 
リンパ管を通じて細胞などから排出された老廃物(毒素)が運ばれます。
 
 
 
 
 

■ 左向きに寝るのは理想の寝方!


 
リンパは筋肉のポンプ作用によって流れるため、運動不足だとリンパの流れは悪化します。
 
 
逆にリンパの流れが良くなると、筋肉もほぐれやすくなるので、血流も良くなって脂肪が燃えやすくなり、体の痛みが改善するなど健康面で非常に良い効果をもたらしてくれます。
 
 
ですので、妊婦さんなど運動するのが一定期間困難な場合、左側で眠ることでリンパの流れを良い状態に保ちながら、健康を維持することができます。
 
 
ですので、左側に寝るのは私達人間にとって理想の眠り方といえます。
 
 
 
 
 

■ リンパの流れが改善するメリットとは!?


 
sleeping2.jpg
 
 
殘念ながら加齢とともにリンパの流れが悪化しますので、食生活の改善と適度な運動を行なう必要があるのですが、それにプラスして睡眠の質を高める必要があります。
 
 
その一環として左側に向いて寝ることをオススメします。左向きに寝ることでリンパの流れが改善されるので、余分な水分や老廃物、毒素が体内から排出されやすくなります。そして、同時に筋肉がや若くなります。
 
 
そうすると「むくみ」や「たるみ」も改善され、しかも背中や肩のコリや痛みも解消されやすくなり、必然的に体調が良くなるというわけです。
 
 
ですので、左向きに寝るだけで「美容」と「健康」を効率よく促進してくれます。
 
 
 
 
 

■ リンパの流れを意識しましょう!


 
リンパの流れは意識しなければ絶対に良くなりません。
 
 
そのまま放置すると時間の経過とともに、毒素が体内に蓄積されてしまい、致命的な病気のリスクが高まります。
 
 
30代後半に入ったら、リンパと血液の流れを意識して良くする努力が必要になります。そうしないと40代以降の寿命に悪い影響を与えかねません。
 
 
左側に向いて(ご自身の左腕の方)寝るだけで、リンパの流れが改善されるなんて、今嬉しいことはありませんよね。
 
 
 
【出典】 SLEEPOPOLiS
 
【画像】 wikiHow
 
 
 
 

■ 左向きに寝るメリットに関するまとめ


 
最後までお読みいただき本当にありがとうございます。
 
 
左向きに寝る5つのメリットをご紹介させていただきましたが、この中で個人的に1番魅力を感じたのが(1)のリンパの流れが良くなる点です。
 
 
例のワ〇チ〇を打ってから、右肩からひじにかけて強い痛みが生じてしまい、酷いときには痛みで目が覚めてしまっていたのですが、上図にあるように枕を挟んで寝るようにしてから痛みはほぼ亡くなりました。
 
 
良い気分転嫁にもなると思いますので、気になる方は是非一度試してみてください。
 
 
 カテゴリ
 タグ