6620200703.png
 
 
 

■ 今回のテーマは「ろっ骨ほぐし」


 
今回は、『腰痛を治したけりゃろっ骨をほぐしなさい』(出版:アスコム)で紹介されている腰痛を改善する「ろっ骨」ほぐしのやり方とその効果についてまとめさせていただきました。
 
 
著者は心療内科医の川口陽海先生です。川口先生自身も18歳の時に腰から脚の激痛によって動くことが出来なくなり、整形外科で腰椎椎間板ヘルニアと診断され、手術することなく自力で治すことを決意、このことがきっかけとなって鍼灸師を志します。
 
 
それ以後25年間にわたって病院に行っても治らないような慢性の腰痛や、坐骨神経痛の患者さんに寄り添って治療を行ってきました。
 
 
そして、なかなか治らない腰痛は、「腰」に原因があるのではなく、「肋骨(ろっこつ)」に原因があることが分かったんです。



 

■ 腰痛の原因はろっ骨にあった!?


 
「ろっ骨」が原因と言われても、中々ピンときませんよね。それもそのはず、ろっ骨は胸から背中につながってはいますが、腰とは反対側にあるので関係性が薄いと考えるのが普通です。
 
 
しかし、例えばデスクワークで長時間猫背の状態で固まってしまうと、ろっ骨が硬くなります。そうするとだんだん呼吸が浅くなってしまいます。その状態を放置すると背骨全体が硬くなってしまいます。
 
 
そうなると新鮮な空気を十分に取り込めなくなってしまい、次第に自律神経が乱れ、血流もどんどん悪化します。
 
 
その結果全身の細胞が酸欠状態になり、痛みを生み出す物質が放出され、腰痛に苦しめられてしまうのです。
 
 
ですので、固まったろっ骨をほぐしてあげれば、自然と痛みが改善されます。
 
 
 
 

■ ろっ骨はがしのやり方


 

【脇のマッサージ】


 

『Step1』


 
手のひらで軽く押してろっ骨をほぐします。
 
ろっ骨を押すときに軽く息をはきながら押してあげるとろっ骨がより大きく動いてほぐれやすくなります。
 
 
120200709.png
 
220200709.png

 
 
 

【お腹のマッサージ】


 

『Step1』


 
鎖骨の下に手をあてて、肩を軽く回しながらほぐします。
 
 
320200709.png
 
 
 
 

【鎖骨のマッサージ】


 

『Step1』


 
手を軽く拳を握り、お腹に押し当てながら上下に大きく動かします。
 
 
420200709.png
 
 
 
 

【背中のマッサージ】


 

『Step1』


 
軽く拳を握って手の甲を背中にあてて、ぐるぐる回していきます。
 
 
520200709.png

 
 
 

■ まとめ


 
最後までご覧いただきありがとうございます。いかがでしたでしょうか。本書に書かれている、「ろっ骨ほぐし」を行うことで、とてつもなく体がラクになります。
 
 
今現在日本では腰痛に悩まされている人が約2800万人いて、そのうち85%が原因不明といわれています。ろっ骨をほぐすことで腰痛が改善するなんて、にわかには信じられないかもしれません。
 
 
しかし、姿勢が改善されて腰への負担が軽減され、しかも血流も良くなるので自律神経が整って次第に痛みが小さくなっていきます。
 
 
オフィスで一日中座りっぱなしの方は、ろっ骨が硬くなりやすいので、特にろっ骨はがしがおススメです。腰痛予防の参考になれば幸いです。
 
 
 

【腰痛が改善!?】「ろっ骨ほぐし」のやり方